CFDは24時間取引できる仕組みについて - CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2014年07月04日

CFDは24時間取引できる仕組みについて




■こうしてCFDは24時間取引できます


CFDは世界中の株式や債券、ETF、株価指数先物などが24時間好きなときに取引することができます。
しかし、取引する金融商品や銘柄によっては取引する時間帯に制限がありますので注意が必要です。


例えば日経225のような株価指数に連動するCFDを取引される場合は24時間取引できる場合が多いの
ですが、個別銘柄のCFDの場合は取引できる時間帯が制限されます。


これはCFDが問題あるのではなく、個別株のCFDの場合は個別株が株式を上場している国の取引時間
に準じるのが一般的となっています。このため例えば日本株は日本時間午前9時から午後3時までです。


2年7カ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法






■効率よく賑わっている相場で取引できる!


同じように海外の資産を投資するのも同じ要領となります。取引所にて取引できる時間帯が決まっている
わけですが、時差があるため欧米の市場に上場する個別銘柄のCFDに投資する場合は大変です。


例えばニューヨーク市場の取引が活況となるのが日本時間の午後11時ごろなので、これから長時間に
わたって取引すれば明日の仕事に差支えますので時間を決めて取引する必要があります。


基本的に、個別株の取引に関しては、世界中の市場がどこかしら開いているので、そいうった意味で24
時間取引することができるわけですが、一つの銘柄を24時間通して取引することはできません。


【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!



ラベル:CFD 債券 ETF
posted by dynamiteyoshijp at 18:54| CFDの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。