CFDと海外ETFの両方を取引する方法 - CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2014年06月24日

CFDと海外ETFの両方を取引する方法




■海外ETFを取引するメリットとは?

海外ETFに直で取引するよりもCFDで取引した方が沢山メリットがあります。


まず、何といってもCFDでの取引は自由度が高いです。


レバレッジもかけて取引することができますので運用効果も高いです。


もちろん、損失を被る場面では損失額も大きくなります。


リスク管理を徹底することによって大幅に抑えることができます。買いから入った場合は
オーバーナイト金利が発生しますが、全般的な取引コストが割安です。


【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!






■新興国銘柄も取引できます!


しかし、CFDでは商品の取り扱いに限りがあるので、もし資金的に余裕があるのであれば、
海外ETFに直接長期投資しながら、CFDで短期売買することをオススメします。


そうすることによって投資効果がさらに高まります。


実際に海外ETFには中国やインドなど新興国のファンドも沢山あります。


その他にも将来性の高いファンドが多数ありますので、こうした点で非常に魅力的です。






■リスクを抑えて取引できます!


また、こうした新興国投資は中長期が基本です。


こうしたタイプの海外ETFを中長期での投資対象とします。


ただし、これだけでは面白味にかけますので、CFDによる短期売買と組み合わせるのです。


こうすることで、相場の短期的な値動きを狙って取引するだけでなく、中長期での投資の
リスクヘッジをかねた取引も可能となりますので、無理をする必要がありません。


そうすることによって分散投資効果も同時に高まります。


【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!



posted by dynamiteyoshijp at 17:46| CFDの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。