CFDのコストの一つスプレッドについて - CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2013年05月24日

CFDのコストの一つスプレッドについて



基本的にCFDは取引手数料が0円です。現物で株取引を行っている方からすると信じられ
ないことだと思います。同じ銘柄を何度でも売買できるので短期売買に適してます。

【PR】 株を取引するならCFDが絶対にお得!



「0円では利益がだせないから裏になにかあるに違いない」と思われても仕方ありません。


実は投資家を搾取するために行っているわけではありません。


CFDを取り扱っている他のところで利益がだせるような仕組みが整っているのです。まず、
CFDは取り扱っている銘柄がとにかく豊富です。このため分散投資効果がたかいです。


実際に全銘柄を手数料ゼロ円としているわけではありません。銘柄によって手数料に差が
ありますが、基本的に株価指数に関しては売買手数料がゼロ円に設定しています。


また取引会社によっては個別株を取引するにあたって取引額が基準を満たしていない場合
において最低手数料を設けているところもあり、取引会社によって微妙に異なります。

2年7カ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法



そして、取引会社の利益をどこから得ているかというと、スプレッドから利益を得ます。FXを
取引されている方は馴染み深いこのスプレッドですが、売値と買値の差額のことをさします。


例えば毎日のようにニュースや新聞にドル・円の為替レートの動きが報じられます。


「本日の円相場は1ドル99円20銭から25銭です」と、行った具合です。


テレビやラジオでも良く報じられているので、だれもが耳にしていると思います。この場合は
「ドルを買いたい場合は99円20銭で、売りたい場合は99円25銭」という意味です。


こうした買値と売値を同時に提示することをツーウェイプライスといいます。その値段の差額を
スプレッドといい、この差額がCFDを取り扱っている取引会社の利益となるわけです。

【PR】 CFD は業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!


posted by dynamiteyoshijp at 17:50| CFDの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。