CFDのリスク - CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2014年07月02日

CFDの投資元本割れリスクについて




■マージンコールとは?


CFDを取引して大きな損失を被った場合を想定してCFDを取引するのをためらわれる方も少なくありま
せん。投資元本以上に大きな損失を被った場合のことを考えると怖くて投資どころではありません。


しかし、幸いにしてCFDはFXと同様に証拠金に対して損失額が一定以上に拡大するとマージンコール
によって投資家に警告します。通常マージンコールは証拠金比率が50%をきると発生します。





■マージンコールが発生したら?


マージンコールが発生した時点で証拠金比率をあげるために追加で証拠金を差し入れる必要があるの
ですが、場合によっては差し入れる前に大きく相場が動き、さらに損失が大きくなることもあります。


そういった場合であっても証拠金比率が80%を割った時点で強制決済されますので、最悪、証拠金の
2割程度は残るわけです。このためルール上はゼロ、もしくはゼロ以下にはなりません。


2年7カ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法






■こうして投資家は損をする!


CFDは投資家を保護するために、こうしたルールがしっかりと適用される仕組みが整っていますので、
安心して取引できますが、マージンコールやロスカットにかかる前に損切りする必要があります。


というのも、相場は何が起こるか分からないからです。サブプライムショックやリーマンショックのときの
ように相場がパニックになると極端な動きをみせるため、強制決済が機能しない可能性もあります。


特に個別株やコモディティーの場合は値動きが荒いうえに、海外の場合は日本のように値幅制限が
無いので、本当に大きく動きますので元本以上の損失を被る可能性もあると認識すべきです。


【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!



posted by dynamiteyoshijp at 17:52| CFDのリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

CFDはロスカットで損失が抑えられます




■CFDはなぜ投資効率が良いのか?


CFDで株式CFDを取引する場合は一定の証拠金をおさめれば4倍〜10倍程度のレバレッジを
かけて、買いからも売りからも取引することができるので、投資効率が高いです。


この点に関しては、株の信用取引や先物取引に似ています。


しかし、CFDを取引した場合は、一定のラインを超えて損失を被ると自動的に反対売買が
行われ、強制決済されるので、損失が一定のラインで抑えられます。


この点が信用取引などとは大きく異なります。


信用取引や先物取引の場合は損切りを見送ってしまうと大変です。


なぜなら損失を拡大しつづけてしまう可能性があるからです。

【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!






■ロスカットを回避する方法もある?


CFDの場合はこういったリスクを取引会社側が投資家を保護するために抑えてくれますので、
最悪の事態に遭遇しても大丈夫なのですが、そうならないためにも注意が必要です。


もし、上昇局面にありながら市場全体を動かす悪材料が発表されたため一時的に大きく
相場が下落し、ロスカットラインまで迫っている場面に遭遇したとします。


そして、取引を続行したいのであれば証拠金を追加すればOKです。


そのままポジションを維持することが出来ます。





■速やかに損切りすることが何より大切


証拠金を追加するかは投資家の判断に委ねられています。


レバレッジを最大限まで高めているのであれば、できるだけ早く損切りすべきです。


といいますのもFXのような為替取引の場合は為替相場がそれほど値動きが大きくありません。


ですので、多少レバレッジを高めても一瞬でロスカットライン目前まで含み損が拡大する
ことはほとんどありません。しかし、CFDの場合は取引する銘柄でリスクが異なります。


株の場合は一日で20%前後動くこともありますので、悪材料が流され相場が大きく混乱する
場面では大きな損失を被る可能性もあるので、この点を意識して取引する必要があります。


【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!



posted by dynamiteyoshijp at 18:57| CFDのリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

CFDで日本株のリスクを抑えて取引する方法




■長期保有している株の投資機会損失を取り戻す


長期投資の場合は、不人気のため放置されている超割安株を、高い配当利回りと大きく
株価が上昇することを期待して、長期間に渡って株を保有する方が少なくありません。


このため、一時的に株価が大きく下げた場合は我慢します。


配当による収益もありますし、地合いが改善されれば、すぐに株価水準も戻るだろうと
いった思惑から我慢できるわけですが、やはり色々と問題もあります。


何といっても、そうした状況を迎えるとどうしても精神的につらいです。


また、我慢している間は一切収益を生まないわけですから、非常にもったいないです。


そうした場合は、反対売買として保有株を空売りすることで利益を狙えます。


CFDは東証一部に上場している銘柄を数百程度取引することができます。株価が下げに
転じると予測した場合は売りで同時に仕掛ければ株を保有しながら利益を狙えます。

【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!






■CME日経225と併用して取引する!


また現物で保有しているのが東証2部に上場している小型株で、業績は良いにもかかわ
らず、日本市場全体が低迷している場合にもいい手があります。


CME日経225を売りで仕掛けることで利益が狙えるんです。


CME日経225であれば、夜間に取引することができます。


ですので、相場の動きをリアルタイムで確認しながら取引することができます。


こうすることで長期投資のリスクを大幅に抑えることができます。


また、CFDであれば上述したようなリスクをヘッジする取引が簡単にできるだけでなく、
証拠金取引であるため、資金も全額用意する必要がありません。


投資効果と資金効率の良さもCFDの大きな魅力です。

株のデイトレ革命で給料以上儲ける!





「PR」 わきのムダ毛処理 全身脱毛 費用



posted by dynamiteyoshijp at 18:44| CFDのリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

CFDは信用取引よりも取引条件が良い!



CFDは現物での株取引と異なり、買いからだけでなく、売りからも取引することができます。
ですので、CFDは相場が下降トレンドにある場合でも利益を狙って取引することができます。

【PR】 株を取引するならCFDが絶対にお得!



現物の株取引が上昇局面でした利益をあげるのが難しいです。


「それなら株の信用取引と変らないのでは?」と思われるかもしれせん。


しかし、条件的にCFDの方がはるかに有利に取引できます。

信用取引の場合は総合取引口座を開いた上に信用取引口座も開設しなければならないので、
今後改善されるかもしれませんが、現物と信用取引を併用して取引する場合は面倒です。


また、口座開設に関しても厳しい審査を受けなければなりません!。


そして、信用取引の怖いところは損失が膨らんでいるにも関わらず、損切りせずに取引を
続行すると担保である証拠金が不足することになります。


この状態から無理をして、さらに取引を続行すると追証が発生します。


株の場合は取引する銘柄によっては流通量が極端に小さいため売りたくても売れない状況
が続くことになり、そうなるとひたすら追証金を膨らますことになってしまいます。


つまり、損失だけが拡大します。しかし、CFDには「ロスカット」といって一定のライン
を超えて損失が拡大した時点でポジションを強制決済されます!。


損失を一定額に抑える仕組みが採用されています!。


これは投資家を守るためのものです。勿論、ロスカットにかからないように、できるだけ
早く相場を見極めた上で適切なポジションを取るのが一番良いわけです!。


短期間で相場が大きく動いたことによって、損失が拡大しても損失は限定されます。CFDは
危険性だけがクローズアップされている向きがありますが、リスクから守る面もあります。

【PR】 CFD取引は初めてでも簡単な4銘柄で始めましょう!


posted by dynamiteyoshijp at 17:24| CFDのリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

CFDでの株取引ではスリッページに要注意!



現物の株取引の場合は提示される株価は常に一つですので、CFDのような買値と売値とが
同時に提示されるスプレッドのような仕組みに最初のうちは混乱されるかもしれません。

【PR】 CFD取引は初めてでも簡単な4銘柄で始めましょう!



基本的にスプレッドは、相場が活況で流動性が高い状態ではスプレッドの幅が狭く、反対に
相場が低調で流動性が低い状態ではスプレッドの幅は広くなる傾向が強いです。


流動性が低いと注文がなかなか約定しなかったりする場合も少なくありません。例えば注文
をだしても約定した価格と実際に注文をだしたときの価格から大きくずれる場合があります。


これを「スリッページ」といいます。ずれるといっても金額は大きくありません。しかし、年間を
通すとこうした小さなことをも大きくなりますので、注意しなければなりません。


できればスリッページとなる可能性が低い取引会社で取引したいところです。


例えば、株価指数CFDでニューヨークダウを取引したと仮定します。


取引画面では、「1万4957ドル70セント」と表示されている状態で成行注文を素早くだしたにも
かかわらず「1万4959ドル30セント」で約定してしまったという具合です。


つまり、当日の相場の流動性によってスプレッドが大きく異なるわけです。


そうした中で「ひまわり証券」は、CFDだけでなくFXのシステムの処理能力が非常に高いため、
スリッページの可能性が低いとされています。スプレッドに関してもシビアになりましょう!。

【PR】 CFD は業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!


posted by dynamiteyoshijp at 17:52| CFDのリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

CFDはFXよりもレバレッジのリスクが大きい



【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!


CFDを取引するうえでレバレッジをどれくらいに設定すれば良いのか悩まれる方が多いのですが、基本的
にレバレッジに関しては投資対象や資金配分によって異なりますので一概にはいえません。


レバレッジをかけて取引することによって大きなリターンが狙える半面、大きな損失を被る可能性もあるわけ
ですから、レバレッジによってCFDのリスクが高まると意識する必要があります。


ひまわり証券をはじめレバレッジを20倍程度に設定しているCFD取引会社が多いですが、FXと比較する
と物足りないと思われるかもしれませんが、基本的にはこれで十分だと思います。

個人投資の最終兵器CFDバイブル



といいますのも、為替と異なり個別銘柄の値動きというのは非常に大きいからです。例えば始値で1万円を
つけていた株が終値で9000円まで下落することは株の場合よくあることなんです。


この場合1000円の損失がレバレッジ10倍で取引した場合は1万円の損失を被ることになってしまうわけで
すから、FX取引の感覚で取引してしまうと大きな損失を被ることになりかねません。


これは現物取引で個別銘柄を取引していた方の場合も同様です。CFDを取引する上でレバレッジのリスクに
対する怖さをしっかりと意識する必要があります。といいますのも、人間は慣れると恐怖感が薄れます。


また、価値が続いてトントン拍子で利益がふえていくとつい気が大きくなるので注意が必要です。


posted by dynamiteyoshijp at 12:19| CFDのリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。