株式市場の相場概況 - CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2007年08月30日

押し目買い意欲高まる


【株式投資が分かる金融取引入門】


8月30日の東京市場は日経平均株価が大幅下落しました。


前日比140円99銭高の終値1万6,153円82銭で取引を終えました。


前日の米国株式市場におきまして、NYダウ、ナスダックともに大幅
上昇したことから投資家心理が改善され、朝方から買い先行の展開
でスタートすることとなりました。


なにぶん昨日、大きく下げているため露骨な突っ込み狙いの押し目
買い意欲が高まりました。


また、株高にともない外国為替市場で1ドル=116円台の円安化が進
んだことも追い風となり、一時は上げ幅が250円を超える場面があり
ましたが、金融市場の信用不安が一掃されたわけではありません。


このため、サブプライム問題を意識する警戒感も根強く、また為替
が115円台前半と円高気味に振れたことも嫌気され、買い一巡後
は次第に上値が重くなり、上げ幅を縮小して引けました。



≪編集後記≫


1歩進んで2歩下がるといったところでしょうか。

今後、夜間取引が定着しだしたらさらに国内市場は
混乱することとなりそうです。


今日もeワラント市場の様子を見てから寝ます。




応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ


株式投資や、各種サービスを検討する前に必ず各企業の正式な
開示情報を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、
誤配信を含め、いかなる場合も責任を負いませんのでご了承下さい。

株式投資が分かる金融取引入門トップへ


posted by dynamiteyoshijp at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市場の相場概況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

皆既月食の影響なし



【株式投資が分かる金融取引入門】


8月27日の東京市場は日経平均株価は小幅反落しました。


前日比13円9銭安の終値1万6,287円49銭で取引を終えました。


前日の米国株式市場におきまして、NYダウが反落したことや、
外国為替市場にて円高化が進んだことを嫌気して朝方から売り
先行となる展開でスタートしました。


日経平均株価は、一時下げ幅が100円を超える場面もあったので
すが、下値を売り込む動きも限定的なようです。


そして、下値では押し目買いが入って一転してプラスに転じる
場面も見られも、上値を買う動きもなく、終日散発的な売買に
よる小動きに終始する展開となりました。



≪編集後記≫


昨日発表された安倍内閣ですが、予想以上に周囲の評判は悪く、
また、株式市場におきましても、今後の政策期待などを手掛かり
にした売買は見受けられません。


昨日のeワラント市場でも、全く見受けられませんでした。




応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ


株式投資や、各種サービスを検討する前に必ず各企業の正式な開示情報
を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、
いかなる場合においても当方では責任を負いませんのでご了承下さい。

株式投資が分かる金融取引入門トップへ
posted by dynamiteyoshijp at 19:18| Comment(0) | 株式市場の相場概況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

安倍新内閣発表も、動きは限定的


【株式投資が分かる金融取引入門】


8月27日の東京市場は日経平均株価は小幅上昇しました。


前週末比+52円42銭高い終値1万6301円39銭で取引を終えました。


前週末の米国株式市場におきまして、当日発表された7月の米耐久財受注
や新築住宅販売件数が市場予想を大きく上回りました。


このため、市場はこれに好感して大幅高となり、朝方から買いが先行する
形でスタートしました。


一時は1万6,500円台に乗せる場面がありました。


しかし、今週はトリシェECB総裁バーナンキFRB議長の講演を控えて様子見
ムードが広がり、また、一方で戻り売りに対する警戒感が高まったことから
為替市場にて円高に振れたことも嫌気されることとなりました。


こうしたことから買い一巡後は急速に上げ幅を縮小して引けています。



≪編集後記≫


本日、安倍内閣の新人事が発表されましたが相場の反応は限定的
となっていることから、関心は低いようです。




応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ


株式投資や、各種サービスを検討する前に必ず各企業の正式な開示情報
を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、
いかなる場合においても当方では責任を負いませんのでご了承下さい。

株式投資が分かる金融取引入門トップへ
posted by dynamiteyoshijp at 19:19| Comment(0) | 株式市場の相場概況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

米国市場、今年5番目の下げ幅に

【株式投資が分かる金融取引入門】


8月29日の東京市場は日経平均株価は大幅下落しました。


前日比274円66銭安の終値1万6,012円83銭で取引を終えました。


前日の米国株式市場におきまして、NYダウが今年5番目に大きな下げ
幅をつけたため、朝方から売り先行でスタートしました。


また、株安にともない外国為替市場にて円高化が進み一時1ドル=113
円台となったことも嫌気されました。


こうしたことから、自動車株など東証一部に上場する9割前後の銘柄
値下がりする全面安となりました。


一時は下げ幅が450円を上回り、1万5,800円を切る直前まで売られる
場面があったのですが、売り一巡後は押し目買いが入ったことから引け
にかけて下げ幅を縮小しました。



≪編集後記≫


毎日がジェットコースターに乗っている気分です。

短期売買を中心としているデイトレーダーの方にとってみれば
最高の投資機会だと思います。

サブプライム問題の解決方向へ向かっていることを願います。

今日のeワラント市場で様子を見てみます。



応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ


株式投資や、各種サービスを検討する前に必ず各企業の正式な開示情報
を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、
いかなる場合においても当方では責任を負いませんのでご了承下さい。

株式投資が分かる金融取引入門トップへ
posted by dynamiteyoshijp at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市場の相場概況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

今週の相場概況

今週末の日経平均は3日続落し、4日ぶりに1万6100円台を
割りました。米国のNYダウ、ナスダックが5日続伸で高値
を更新しているにも関わらず、日本市場は米国市場と全く
逆の展開になっています。

世界の多くの機関投資家たちのポートフォリオから日本株
を少しづつはずしているのでしょうか?。

相場の話に戻しますと、今日は一時は1万6100円割れを見
せたあと後場にかけて74円高1万6238円まで切り返す場面
もありましたが、その後は大引けにかけて崩れ手しまった
為に、結局本日も安値圏で終わりました。

   
東証1部の値下がり銘柄はを数え、TOPIX、2部、新興市場
がいずれも下落し、ジャスダックに至っては4日ぶりに年
初来安値を更新するなど全面安の状況です。

日経平均のチャートでは1万6000円大台や200日移動平均
(1万6050円)を維持しているものの、本日75日移動平均線
(1万6098円、16日現在)を割り込みました。

一目均衡表でみますと、雲に突入してきたので、この先
もズルズルとさげに転じる可能性があります。

1万5900円を切るようですと、一旦整理する必要があるか
と思います。

結局今日のの終値は日経平均が前日比72.14円(0.45%)安
の1万6091.73円TOPIXが前日比8.50(0.54%)安の1573.54。
ジャスダック平均は2087.81円(9.67円安)。


一方16日のニューヨーク株式は5日続伸となりました。

注目された10月の消費者物価指数の上昇が、前月のデータ
や市場予想を下回ったことに加え、原油相場が4%を越え
る急落となったことや、10月の鉱工業生産が予想通りの回
復となったことが好感されたもようです。

主要株価指数は揃って5日続伸、中でもダウ平均は3日連続
での最高値の更新となりました。

さらに、S&P500種株価指数も、大引けまで大台の維持とは
いきませんでしたが、前日に続いて堅調な展開となりました。

また、NASDAQ総合指数も5日連続で2001年2月以来の高値を
更新しました。

そのNASDAQに上場するパソコン大手のデルが決算報告の延期
を発表したことには個人的に驚きました。

結局ニューヨーク市場の終値は、ダウ平均が54.11ドル高の
12305.82ドル、S&P50500種3.19ポイント高の1399.76、NASDAQ
指数6.31ポイント高の2449.06で取引を終えました。


===================================================================

投資や、各種サービスを検討する前に必ず各企業の正式な開示情報
を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、
いかなる場合においても当方では責任を負いませんのでご了承下さい。


株初心者向け投資解説サイト株初心者必見!!トップへ
posted by dynamiteyoshijp at 09:30| 株式市場の相場概況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

本日の相場概況について

こんにちは”株初心者が勝つ為の実践投資研究会”です。


今日は日本株式市場の相場観についてです。


大幅高となった本日ですが物足りない結果に終りました。

国際優良株に利確の動きが出ましたね。

その反面、昨日、今日は新興市場の銘柄も戻り買いから上げてきました。

今週ですが、為替は波乱を含んではありますが、

日経平均の終値は16,536.54の+1(+1(+1(+1.40%)と、

大台に一歩手前まで来ましたし、短期の値幅取りには拘らず、
もう少し上げたところで切ることにしたいと思います。

再建に向けた動きも少しですが出ております。
来週は新興銘柄に本格的な買いが入ることを期待します。




今日はこの辺で失礼します。

投資を検討する前に必ず各企業の正式な開示情報をご確認ください。
利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、いかなる場合においても
当方では責任を負いませんのでご了承ください。


株初心者向け投資解説サイト株初心者必見!!トップへ
posted by dynamiteyoshijp at 01:58| 株式市場の相場概況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。