米国市場について - CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2007年04月11日

ユーロ危機懸念広がりダウが今年最大の下げ幅を記録


スペインやイタリアの国債利回りが上昇したことを受けて、再びユーロ危機に対する不安が広がった
ため、ニューヨーク株式市場は大幅続落しています。ダウは今年最大の下げ幅を記録しています。


同じくドルも売られ、80円台後半で推移しています。再び70円台に突入するのは時間の問題かもしれ
ません。スペイン経済は若年層(25歳以下)の失業率が50%を超えていますので本当に深刻です。

-------------------------------------------------------------------------------------------
【転載:読売新聞】

「NYダウ続落、下げ幅今年最大213ドル安」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000085-yom-bus_all

10日のニューヨーク株式市場は、欧州の財政・金融危機への警戒感から大幅続落した。

ダウ平均株価(30種)は前日比213・66ドル安の1万2715・93ドルと2月2日以来、
約2か月ぶりの安値で終えた。下げ幅は今年最大だった。

ナスダック店頭市場の総合指数も続落し、同55・86ポイント安の2991・22と3000
を割り込み、約1か月ぶりの安値だった。財政不安のスペインやイタリアの国債利回りが上昇し、
ユーロ危機が再び深刻化するとの懸念から、リスク回避の売りが広がった。

「PR」 ビキニライン 脱毛 格安 全身脱毛 値段 格安
-------------------------------------------------------------------------------------------

posted by dynamiteyoshijp at 07:24| 米国市場について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

頭が痛い増え続ける貿易赤字

こんにちは”株初心者が勝つ為の実践投資研究会”です。

本日はアメリカ経済が抱える問題について解説させていただきます。


アメリカの貿易赤字は深刻です。

輸出と輸入のバランスが滅茶苦茶です。

一般のアメリカ市民は自分達の中央政府に支払うより外国政府に
対しての支払いの方が多い形になってます。

現在アメリカは1年あたり約2兆2000億ドルを輸入に費やします。
しかし、連邦政府は収入における2兆4000億ドルにしか達しません。

ワシントンが過去70年間米国経済において相当な力をふりかざして
いたのも過去の話になろうとしています。

連邦政府は多数有力なままですが、彼らの手に負えないくらいの
勢いで世界経済は、成長しているのです。

これらの問題から、低所得者層と富裕層の格差は、我々日本人
では想像がつかないほど大きな隔たりがあり、年々拡大しています。

今後、最低賃金を上げるのを含む法案を可決する事が現実的に
行えるのかということが、選挙を控え、共和、民主両党の重要課題
になることは間違いないようです。


しかし、もし議会で可決されブッシュ大統領がそれにサインしたとしても、
わずかな低所得労働者を助けることしかできません。

アメリカ人を苦しめた弱い賃金上昇を改善するようなことをほとんど何も
しないでしょう。大卒者を含んで、近年収入の広域的な低下は中国と
インドの上昇と国際競争の激化によってさらに動かされています。


このことは、他人事と笑ってはいられません。

なぜなら、以前よりデフレが落ち着いてきたとはいえ、このような状態が
続くと、上場している一部の大企業の業績から景気の判断を下されて
しまうので、GDPなどの指標は良くても、末端の業務に従事する従業員
の賃金を下げざるえなくなります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

投資や、各種サービスを検討する前に必ず各企業の正式な開示情報
を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、
いかなる場合においても当方では責任を負いませんのでご了承下さい。


株初心者向け投資解説サイト株初心者必見!!トップへ



posted by dynamiteyoshijp at 13:44| 米国市場について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。