CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門

2014年07月09日

経常利益と純利益から分ること




■こうして経常利益と純利益からこうして判断する


今回は、銘柄選定の一つのポイントして経常利益と純利益について解説させていただきます。


基本的に経常利益と、純利益が共に伸びていれば、「買い」と、判断を下すことができます。


それくらい「 株価 」に大きな影響を与えます。


その理由としては、企業内のマイナス要因の一掃(子会社の整理、事業撤退など)が終わり
に近づいている、もしくは終わったかを、判断することができるからです。


経常利益や、純利益は四季報に詳細に記述されているわけではないので、銘柄によっては
コメントに記載されている場合もございますが、多くは言及されていません。


【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!






■財務諸表を利用するには?


ですので、財務諸表に掲載されているいくつかの数値を用いて、おおよその判断を下す必要
がございます。ということで例として純利益を見てみましょう。


例えば、売上高が右肩上がりで増えているにも関わらず、なぜかそれにともなって純利益が
伸びておらず、むしろ反対に減っている企業があるとします。


こうした場合、この企業は、事業のマイナス要因一掃に必要な経費を特別損失として計上
している為、売上高が増えても、純利益が増えないと考える事ができます。


株のデイトレ革命で給料以上儲ける!






■経常利益から成長の目安が分かる


また経常利益は、純利益が半分くらいあれば、そこそこ伸びている企業と判断出来ます。


その反対に、純利益が経常利益の半分もない、またはマイナス状態にあるのであれば、事業
のマイナス要因を一掃している真っ最中と判断することが出来ます。



経常利益、純利益の算出の仕方を以下の通りです。


「売上高」−(「売上原価」+「一般管理費」)=「営業利益」

「営業利益」−「営業外損益」=「経常利益」

「経常利益」−(「特別損失」+「法人税」)=「純利益」


一般的には純利益の額が、経常利益の半分くらいというのが、企業にとってちょうど良い状態
とされていますので、この辺りを目安として判断すると良いでしょう。


上述したことから、業績が低迷していた企業の純利益が伸びていれば、マイナス要因が一掃
されたと判断することができるので、比較的安心して買いに入ることができます。


【PR】 CFD取引はETFではじめよう!




posted by dynamiteyoshijp at 17:58| 重要な指標について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © CFDと株式投資の基本がわかる株式投資入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
看護師転職支援
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。